NAKASHO
  • 会社案内
  • 業務案内
  • アクセス
  • お問い合わせ

社長あいさつ

about01

今や環境に対する問題は、産業と社会の中枢であります。
当社は、こうした社会的動向に対応して、早くから産業廃棄物の適正処理に真剣に取り組み、国際規格を見据えた「総合処理体制」を確立し、産業廃棄物の再資源化、減量化に寄与してまいりました。
21世紀を迎え、産業廃棄物の高度の総合利用を高めるためにも、一日も早く「循環型社会」へ向けて、アップリサイクルシステムの確立を目指すべく、一層の努力を重ねる所存でございます。
当社は、いわば、豊かな環境づくりの「あんしんのパートナー」。いつも時代のニーズに即応し、常に新しい気持ちで前進し続ける決意でございます。
ひいては、皆様の旧知のご支援とご協力を賜りたく、お願い申し上げる次第です。

about02

 

経営理念

about03

安全で安心できる工場へ産業廃棄物を出したい…このようなお客さまのニーズにお答えするために、中商では設備の充実、さらには資源のアップリサイクル化に取り組み、今では「あんしんのパートナー」として、業界のリーディング企業として高い信頼を得ています。

 

about04 about05東京オリンピック開催を控え、ますます経済活動が発展するのに伴い、産業廃棄物の量は増大し、質も多様化することは必至です。
中商は、広域化する首都圏の真ん中に位置し、東京・横浜から至近の交通アクセス。お客さまにとって申し分ない立地といえるでしょう。
中商のCRセンターは、首都圏の産業廃棄物の中心、まさにセンターです。どのようなご用命にも、迅速、的確に処理・処分し、お客さまの「安心と安全」のニーズに100%お答えいたします。

 

 

about06 about07資源のアップリサイクル化の研究は、まず臨港CRセンターで選別した後、川崎CRセンターで分析、有害物質を無害化し、扇町CRセンターで完全焼却。
一方、資源のリサイクル化の研究・開発にも取り組み、安心してすべてをお任せ願えるよう、不断の努力をしています。

 

 

about08 about09扇町CRセンターにある最先端焼却施設のコンセプトの一つに、企業秘密にかかわる多種多様の産業廃棄物を完全焼却するセキュリティサービスがあり、各企業から高く評価されています。
中商のモットー「あんしんのパートナー」の心が、ここにも息づいているのです。

 

会社概要

会社名 株式会社中商
所在地 本社 神奈川県川崎市幸区南加瀬1-8-6
TEL.044-599-2955(代)
扇町CRセンター 神奈川県川崎市川崎区扇町5-15
TEL.044-329-1002
川崎CRセンター 神奈川県川崎市川崎区小島町4-68
TEL.044-277-4590
臨港CRセンター 神奈川県川崎市川崎区浅野町1-3
TEL.044-333-1581
臨港トラックターミナル 神奈川県川崎市川崎区浅野町7-5
設立 昭和38年4月18日
資本金 10,000,000円
役員 代表取締役社長 中嶋 達夫
専務取締役 中嶋 猛
取締役財務部長 中嶋 三津子
執行役員本部長 山口 誠
執行役員総務部長 石塚 明治
監査役 中嶋 恵
会計参与 酒井 孝始
主要取引銀行 日本政策金融公庫 横浜支店
商工中金 川崎支店
三井住友銀行 六郷支店
横浜銀行 鹿島田支店
三菱東京UFJ銀行 川崎支店
事業内容 産業廃棄物総合処理
資源リサイクルサービス
各種洗浄工事一式
総合解体工事一式
土壌汚染修復事業
登録免許 産業廃棄物処理業(関東一円他)
建設業許可(神奈川県知事許可)
とび・土木工事業(般57)第4138号
神奈川県59貯第52号
建築物飲料水貯水槽清掃業
古物商

 

会社沿革

1963年
(昭和38年)
中嶋保弘・道代が製鉄原料の資源回収を業務として、(有)中島商店を
東京都大田区に設立。
1968年
(昭和43年)
川崎市幸区南加瀬1-8-6に本社移転。
1970年
(昭和45年)
川崎市宮前区野川に野川モータープールを設置。
1973年
(昭和48年)
産業廃棄物処理業許可取得。
建設業許可取得。
1975年
(昭和50年)
飲料貯水槽のクリーニング業務の許可取得。
(有)中島商店から(株)中商に組織および名称変更。
1980年
(昭和55年)
本社社屋完成。
1987年
(昭和62年)
川崎CRセンターを川崎区小島町4-68に第1工場として開設。
1989年
(平成元年)
臨港CRセンターを川崎区浅野町1-3に第2工場として開設。
1996年
(平成8年)
扇町CRセンターを川崎区扇町5番地に第3工場として開設。
2000年
(平成12年)
ISO14001認定取得。(扇町CRセンター)
2003年
(平成15年)
扇町CRセンターの隣接地を購入し、敷地全面積2270㎡に拡張。
2010年
(平成22年)
川崎CRセンターにて廃消火器リサイクルシステムの指定引取場所として、
認定される
2013年
(平成25年)
臨港トラックターミナルを川崎市川崎区浅野町7-5に取得。
(第4工場予定地)